Hela 3D 6 Balken Hela News 2010年3月号(175号)

ヘラ・スパイス・ジャパン株式会社  

茨城県守谷市松ヶ丘1−4−1

毎月お届けするメール配信ご希望の方はこちらへ  業種をお知らせください

3月2日(火)5日(金)開催 千葉幕張メッセ ホール5ドイツパビリオン・ヘラスパイスジャパンへのご来場ありがとうございました!!

20点以上の新商品のご提案いかがでしたでしょうか??

資料、サンプルなどのご請求はこちらまでどうぞ

P1050137.JPGP1050151.JPG











ドイツのデフレスパイラル  食品価格前年比1.2%のマイナス

2009年のドイツの食品小売業の総販売額は3920億ユーロ(2008年は3986億ユーロ)と2.7%減少した

2008年までは上昇していたドイツの食品の物価が2009年には

原材料価格+0.4%

卸価格−0.1%

小売り価格−1.2%に下がった(酒類を除く飲料を含む)

2008年と比較すると、小売り価格は7.2%も下がったことになる  飲料を除く食品での統計では前年比―1.7%となっている。Aldiなどデイスカウント店には、高品質で値ごろ感がある商品が山積みされ多くの客を集めている。このような大手デイスカウンターには、多くの売り込みが殺到しているが、提案される販売価格は驚くほどの低価格を要求される。売れる価格帯自体が、かなり下げ傾向であるということ。

このデフレ傾向は2010にはさらに厳しい状況となると予想されている。

デンマークの豚肉輸出減少 12.5%も  ドだけはプラス!   単位1000t

フレッシュ&冷凍豚肉

2007

2008

2009

2009/08

%

EU27合計

623.3

641.7

595.0

-46.7

-7.3

ドイツ

203.2

211.2

215.3

+4.1

+1.9

ポーランド

86.3

123.0

115.8

-7.2

-5.9

イギリス

124.6

120.7

112.2

-8.5

-7.0

イタリア

103.4

91.2

71.9

-19.3

-21.2

スエーデン

29.3

25.7

24.0

-1.7

-6.6

EU27以外合計

262.2

288.8

219.5

-69.3

-24.0

日本

119.3

129.0

94.0

-35.0

-27.1

ロシア

60.1

60.8

41.4

-19.4

-31.9

オーストラリア

24.4

32.0

31.0

-1.0

-3.1

USA

28.4

26.8

23.6

-3.2

-11.9

総合計

885.5

930.5

814.5

-116

-12.5

豚肉生産王国デンマークの輸出量が減少している。

2008年が93万トンだったのが、2009年には81万トンと12.5%の減少。

EU27国内では7.3%の減少だったのが、とくにEU以外の国での輸入量の減少が大きい。

とくに一時の勢いが無くなったロシアで31.9%と三分の一も減少、デンマークの重要な輸出国であった日本でも27.1%と目立っている。

しかしドイツだけは輸入量が上昇し続けている。 やはり加工品の生産がドイツに集中しており、前月号でもお知らせしたとおり、EUの中の食肉加工品の26%がドイツ産であることが大きく寄与している。

ドイツの肉屋ベスト400

ドイツ最大のグルメ情報誌“Feinschmecker”(ファインシュメッカー)が2010年度のドイツの肉屋ベスト400を発表した。 これは毎年別冊で発行されるドイツの肉屋のミシュランのような冊子で、これに掲載されることは大変な名誉とされている。

店名や住所、おもな製品などだけでなく店内の写真や経営者の顔なども見られる。またドイツ16州のそれぞれのベストメッツガーも発表!

州        名

店   名

所 在 地

Baden-Wuerttemberg

Winter

Schorndorf

Bayern

Drexl

Egenhofen

Berlin

Jens−Uwe

Wilmersdorf

Brandenburg

Gebrueder Arnord

Kraupa

Bremen

Karl Safft

Bremen

Hamburg

 Karsten Raff

Bramfeld

Hessen

Brauer

Wiesbaden

Mecklenburg−Vorpommen

Landwert Hof

Sundhagen

Niedersachsen

Fritze Seidel

Cuxhaven

Nordrhein−Westfalen

Erkes

Korschenbroich

Rheinland−Pfalz

Maillinger

Landstuhl

Saarland

Roth

Homburg

Sachsen

Poppela

Aue

Saxhsen−Anhalt

Muench

Suedrode

Schleswig−Holstein

Holst

Rieseby

Thueringen

Siebert

Kallmerode−eisfelder Feldgieker

所在地をみると、決して大都市の中心で店舗を構えているわけではなく、小都市は村(dorf)で、その地域の一番店として頑張っている店が評価されている。

ザクセン州のトップに選ばれたポッペラという店は父親の跡を継いだ24歳の食肉マイスターである娘クリスティンが、製造からパ−ティーサービスまで切り盛りしてる店で、その手腕と腕がファインシュメッカーから選ばれた!!  ドイツでは今、娘が資格を取って後継者となっている店も珍しくない。

の朝食                        afz  より転載

ドイツの肉屋は朝が早い。朝5時から製造にかかり、6時遅くとも7時には店を開けている。

焼きものやヴァイスヴルストなども当然朝早くから出来あがっているわけで、出来たてを求める客も多い。

「朝7時から店を開けているのだから」と、店舗の改装を機に店の一角をインビスにする肉屋も多い。

個食化が進み、家族で朝食をゆっくりなんていうのは少なくなり、仕事の途中で、出来たてのおいしい朝食を!という人が多くなった。

から!!

こちらはフライブルグでソーセージを製造している中堅の会社Kramer社が経営する直営店舗チェーン。朝からアツアツのフライシュケーゼ、カスラー、シュニッツェル、スペアリブ、チキングリルなどがいっぱい並んでいる!!

価格は写真付きで表示しているが、とくに男性客には盛りをよくしてサービスするとのこと。これが繁盛するコツだと自信をもって語る。朝食タイムは7:00〜10:30

こちらはドレスデンのDuring店。住宅街からは少し離れているが、遠くても朝から男性客が続々訪れる。

ここも焼きたてのおいしい肉料理が目当て。

盛りを良くして、満足度120%!!

自家製造だからこそ出来るサービスではあるが、午前中だけで100人以上は朝食を食べに来るとのこと。

熱々の肉料理が目当て!

こちらは2008年に店舗改装したSchwaebisch HallのHespelt 店。 アーケード内に位置し、オープンテラスにも利用できるので、客席を多くして、朝食メニューを増やしている。

二通りのメニューで生ハム、ハム、ソーセージサラダなどの盛り合わせ皿で3.9ユーロから。

カスラー、フライシュケーゼ、チキングリル、シュニッツエルなど肉料理が少しずつの盛り合わせで4.9ユーロから。どちらも別に、マーマレード、チーズ、バター、コーヒーなど飲み物が含まれている。

サンプル皿!?いろいろな種類が盛り合わせられて価格も安く、朝から多くの人が訪れる。

そんなに安くして大丈夫??と心配したくなるが、経営者のHespelt氏は意気揚々と「サンプルを出しているのと同じだ」と語る。これで試食(それも有償で)してもらったら、味を覚えてもらって、昼食や夕食の買い物にきてくれるし、パーテイーサービスの注文にもつながっているとのこと。

独身者や年金生活者など独居老人が多くなり、自分で調理して一人で食べる・・・・という形は少なくなる一方、周りの生活環境の変化をよく見ている、新しいサービスの形である。